走行試験関連エリア

人のいる環境で人の生活を支援するロボットは、従来の製品のような機械試験、電波試験、ぶつかってしまった後の衝突試験に加えて、ぶつかる前にロボットが停止や衝突回避をする試験があります。これが機能安全です。

走行試験関連エリアでは、試験するロボットを動作させて、その動きを記録することが可能です。試験の再現性を担う計測装置と、試験するロボットを動作させる場所や環境が備わっているのがこのエリアなのです。