強度試験関連エリア

人のいる環境で人の生活を支援するロボットは、他の工業製品と同様に機械強度試験を行い、本質安全が備わっていることも必要とされます。このエリアでは、耐久性や衝撃、荷重、耐環境性、振動などの試験を行います。