耐荷重試験機

荷重子を搭乗型ロボットの各部に押し付けて、変形や破損を調べます。人間の体重や積荷の重さが加わった時に、人を支えるアームや椅子、車輪やブレーキ、操縦装置などロボットの安全にとって重要な部品が破損しないかを確認します。

  • 試験装置寸法:
    • 幅 約4,200mm × 奥行 約2,100mm × 高さ 約3,830mm
  • 負荷方式:
    • インバータモータによるパワージャッキ方式(2軸独立)
  • 負荷荷重:
    • 最大10kN(1軸につき)
  • 負荷速度:
    • 0~60mm/min
  • 可動範囲(衝撃子):
    • 上下(Z軸)方向:下限で負荷子先端位置を0として+2,500mm
    • 左右(Y軸)方向:±600mm
    • 回転(X軸)方向:垂直を 0°とし ±45.0°
  • 可動範囲(定盤):
    • Z 軸周り回転角:±180°、前後(X軸)方向:±1,000mm