環境認識性能試験(光干渉試験装置)

人の生活を支援するロボットに環境を認識できるかどうか(特に、人を確実に検出できるかどうか)を試験します。この装置は、さまざまな外乱光のもとでのセンサ性能を調べるものです。

  • 外乱光源:
    • 人工太陽灯:18,000Wメタルハライドランプ、照度 60,000lux 以上(照射距離 10m、照明径 2m)
  • 白熱電球:
    • 1,000Wハロゲンランプ、明るさ 20,000lm
  • 蛍光灯:
    • 40W直管型インバータタイプ、明るさ 3340 lm
  • ストロボ光:
    • キセノンフラッシュ管 100W一灯式、 周波数 0~500Hz